アンシス・ジャパン

アンシス・ジャパン の紹介

アンシス・ジャパン株式会社は、CAE ソフトウェアのリーディングカンパニーとして、ソフトウェア開発とトータルソリューションをご提供するアメリカ法人ANSYS, Inc. の100%子会社です。

衝突、破壊、飛散 – なぜ安全性は自律車両に取り重大な意味を持つのか

ロバート・ハーウッド氏が2017年11月28日に投稿

自律自動車の開発と展開には、止められない勢いがあるように思われます。最新の先進運転支援システム(ADAS)やドローン、インテリジェント・ロボットについての記事を目にしない日はありません。これらの情報の集中投下は市場を活性化していますが、私たちはそれがもたらす完全な自律性と非常に強力に宣伝された社会的恩恵に関して、これらの技術はいまだ初期段階に留まっていることにいつも気付かされます。

autonomous vehicles las vegas bus crash例えば、ラスべガスで運用が始まった自律運転バスは、そのサービス開始の初日から2時間未満で事故に巻き込まれました。バスは、人が運転するトラックが前方で止まった際には停止するようにプログラムされていましたが、トラックがバスのフロントフェンダー方向にバックしてきたため、プログラムが働かなかったのです。どの自動車が悪かったとしても、バスの前面窓の「Look Ma No Driver:見ておかあさん、無人車両ですよ」というスローガンは、格好をつけた子供のように見えます。良く知られているように、高慢は失敗に先行します。

続きを読む

RESCALE社とANSYS、スタートアップ企業の革新的な製品開発を促進

スタートアップ企業によるクラウドシミュレーションと計算リソースの使用が可能に

ピッツバーグ、2017年10月25日– Rescale 社と ANSYS (NASDAQ: ANSS) は、スタートアップ企業が迅速かつ低コストで革新的な製品を市場に投入することを可能にするシミュレーションとクラウドコンピューティングプログラムの開発をリードしています。このプログラムでは、ANSYS Startup Programに参加する資格があると認定された企業が、Amazon Web Services(AWS)のクラウドソリューション、Rescale社の大規模計算リソースおよびANSYSのエンジニアリングシミュレーションの活用拡大(Pervasive Engineering Simulation™)ツールにアクセス可能となり、それによりスタートアップ企業が大企業と同等の大規模シミュレーションを実行することができます。

続きを読む

医療デバイス向けのシステムシミュレーションを完結させる:インスリン輸送システムの例

マーク・ホーナー氏が2017年10月18日に投稿

すばらしい製品は、あらゆる物理的観点から継続的に評価されている個々の優れたコンポーネントから構成されています。しかし、多分ご存じのように、最適に設計されたコンポーネントが必ずしも最適なシステムになるわけではありません。コンポーネントは最終的に組み立てられ、駆動され、検知され、総合システムとして制御されるので、ピーク時の性能要件と厳しい安全基準を満たすシステムとしてシミュレーションが行われなければなりません。しかし、統合した製品システムとサブシステムの構築やテストには費用がかさみ、最適な構成や欠点の潜在性を特定することは大変に困難ですが、システムシミュレーションはこれらの課題解決を支援することができます。

続きを読む

電気自動車の充電でリードする

携帯電話やハイブリッド電気自動車、埋め込み型の医療デバイス、ドローン、産業設備など、バッテリーで稼働する製品ごとにバッテリーの寿命を気遣うエンドユーザーがいます。携帯電話が動かなくなる前に電子メールをチェックしようとコンセントを探す、ドローンが空から落ちる前に何マイル飛ばせるかを考える、そして体内に挿入された除細動器のバッテリーを取り変えるために必要な外科的手術を延期することを検討する等、バッテリーの寿命は私たち全てに影響を及ぼしています。

NEVS electric vehicle

続きを読む

AUTOSAR準拠のソフトウェアで未来へドライブ

※この記事は、2017年2月23日にフランソワ=ザビエル・フォルナーリ氏が投稿した記事を翻訳したものです。

最近の自動車に搭載されるシステムは、10年前には誰も想像すらできなかった機能が大きな位置を占めており、以前よりも複雑で、よりスマートで、より自律的なものとなっています。先進のセンサと電子装置は、車両の速度と位置からエンターテイメントと通信技術に至るまで全てを制御しており、レーダーやカメラ、そして他の洗練された電子装置が一般車両へ次々に組み込まれています。現在では、自動車にかかるコストの60パーセント以上がその先進的な電子機器とソフトウェアシステムに由来すると言われています。

続きを読む