DVCON Japan 2017 に協賛します

DVCon(Design and Verification Conference) は、北米では25年以上の歴史を持つ、エレクトロニクス製品の設計および検証にフォーカスした世界的なイベントです。本年、初めて日本でも開催されることになり、アンシス・ジャパンはスポンサーとして参加いたします。

6月30日(金)に行われますセミナーでは、「設計上流でシステム(LPB)シミュレーションは可能か?その鍵とは?」と題したセッションを、アンシス・ジャパン 技術部 エレクトロニクス製品グループマネージャの渡辺 亨よりプレゼンいたします。

セッションの聴講をご希望されるお客様は、DVCON 2017 のウェブサイトよりお申込みください。
http://dvcon-japan.com/2017/

続きを読む

ANSYSとシノプシス、次世代のハイパフォーマンスコンピューティング/モバイル/車載向けの ロバストなチップ開発を加速するための排他的パートナーシップを締結

パワーならびに信頼性解析サインオフ・ソリューションと配置配線ソリューションを統合したインデザイン解析によりスマート機器開発が加速

2017年6月19日 ピッツバーグならびにカリフォルニア州マウンテンビュー発 – ANSYS®(Ansys, Inc.、Nasdaq上場コード:ANSS)とシノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は、顧客企業の次世代ハイパフォーマンスコンピューティング/モバイル/車載製品開発を加速するため、ANSYSのパワーインテグリティ/信頼性解析サインオフ・テクノロジーとシノプシスの配置配線ソリューションを緊密に統合したインデザイン・ソリューションの提供に向けた協業を開始します。

続きを読む

ANSYS、信頼性と効率性の高い自動車、モバイル、HPC電子機器設計のための新しいソリューションの提供を開始

ANSYS RedHawk-SCにより、チップ-パッケージ-システム設計に対してこれまでにない先進的な機械学習、エラスティックコンピューティングおよびビッグデータ解析が可能に

ピッツバーグ、2017年6月6日 ANSYS (NASDAQ:ANSS)は、エラスティックコンピューティング、ビッグデータおよび機械学習の先進的なコンピュータサイエンスと物理法則ベースのエンジニアリングシミュレーションを統合し、クラス最高水準のエンジニアリングシミュレーションアーキテクチャをさらに拡大させました。新たにリリースされたANSYS® RedHawk-SC™ANSYS® Path-FX™、ANSYS® CMA™を活用することにより、自動車、モバイルおよびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)機器に関わる企業は、製品開発において、技術革新を加速し、性能を向上させ、信頼性を高め、さらにコストを削減することができます。

続きを読む

画期的なエネルギーイノベーションの実現にANSYS製品を活用した世界各国の最新事例

世界のエネルギー需要は年々増加しています。また、気候変動に対する懸念から、排ガス規制の厳格化が進み、将来のすべてのエネルギーシステムを環境に配慮して設計するよう求める声が高まっています。こうした課題に取り組むには、画期的なエネルギーイノベーションを早急に進める必要があります。

ANSYSのニュースレター 「ANSYS ADVANTAGE」 最新号では、現在および将来のエネルギー問題を解決する効率的なエネルギーシステムの開発に、世界各国のお客様がどのようにANSYS製品を活用しているのか、様々な事例を紹介しています。ぜひご一読ください。

続きを読む

自動車業界向け機能安全セミナー&ワークショップ ~medini analyzeを使ったISO26262~

アンシス・ジャパンは、自動車の急速な高機能化に伴い、機能安全に対する関心が高まっていることを受け、「自動車業界向け機能安全セミナー&ワークショップ ~medini analyzeを使ったISO26262~」を開催いたします。

このセミナー&ワークショップでは、ANSYSが提供する統合型の機能安全活動支援ツールmedini analyze を使った機能安全作業に関する実践的な情報を提供する他、複数の適用領域におけるツール使用の成功事例や最新機能を効率的に適用する方法を紹介いたします。

また、パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 機能安全推進課の藤山氏をお招きし、同社における機能安全の取り組みやmedini analyzeの活用法についてもご紹介いただきます。

さらに、ANSYS medini Technologies AGによるワークショップでは、互いの体験談を共有し、自身の経験や新機能に関するアイデアおよび改善要望などをmediniの開発者に提案していただくことも可能です。

続きを読む