自動運転車とADASに向かうドライブ – 今こそが未来なり

あらゆる自動車関連の記事の多くが、自動運転車と先進運転支援システム(ADAS)の恩恵、課題そして未来が持つ可能性について論じています。そして多くの自動車メーカーは、自動運転車の開発に益々シフトしていますが、最終的にそれらを完全に自律的なものにするために車両に統合されるシステムの多くは、現在開発されているところです。実際、皆さんが今運転している車では、衝突軽減ブレーキ、車線逸脱警告、盲点警告、そして車線維持支援などの自立的な車両を構成する機能の一部が実装されていると思います。これらのADASアプリケーションは、私たちに新たな課題を示すと共に、多くの専門分野を横断する学際的な開発アプローチを要求します。(これらの開発領域に関する更に多くの情報を、私の同僚であるサンディープ・ソバーニのブログ投稿記事で読むことができます)

続きを読む

ANSYS Fluent による形状最適化体験セミナー ~ Adjoint Solver を活用しよう ~

好評につき名古屋でも開催決定!

=========================================

ANSYS Fluent は様々な流体工学分野において実用的なツールとして用いられてきましたが、近年は計算機の低コスト化や並列性能の向上なども相まって流体解析としてだけではなく形状最適化ツールとしても注目されています。

ANSYS では様々な形状最適化ツールをご提供しておりますが、その1つにANSYS Fluent のAdjoint Solver という形状最適化ツールがあります。

続きを読む

人とくるまのテクノロジー展2017(横浜・名古屋)に出展しました

去る5月24日~26日に横浜にて、また6月28日~30日に名古屋にて開催された、人とくるまのテクノロジー展2017に、アンシス・ジャパンは出展いたしました。

続きを読む

DVCON Japan 2017 に協賛します

DVCon(Design and Verification Conference) は、北米では25年以上の歴史を持つ、エレクトロニクス製品の設計および検証にフォーカスした世界的なイベントです。本年、初めて日本でも開催されることになり、アンシス・ジャパンはスポンサーとして参加いたします。

6月30日(金)に行われますセミナーでは、「設計上流でシステム(LPB)シミュレーションは可能か?その鍵とは?」と題したセッションを、アンシス・ジャパン 技術部 エレクトロニクス製品グループマネージャの渡辺 亨よりプレゼンいたします。

セッションの聴講をご希望されるお客様は、DVCON 2017 のウェブサイトよりお申込みください。
http://dvcon-japan.com/2017/

続きを読む

ANSYSとシノプシス、次世代のハイパフォーマンスコンピューティング/モバイル/車載向けの ロバストなチップ開発を加速するための排他的パートナーシップを締結

パワーならびに信頼性解析サインオフ・ソリューションと配置配線ソリューションを統合したインデザイン解析によりスマート機器開発が加速

2017年6月19日 ピッツバーグならびにカリフォルニア州マウンテンビュー発 – ANSYS®(Ansys, Inc.、Nasdaq上場コード:ANSS)とシノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は、顧客企業の次世代ハイパフォーマンスコンピューティング/モバイル/車載製品開発を加速するため、ANSYSのパワーインテグリティ/信頼性解析サインオフ・テクノロジーとシノプシスの配置配線ソリューションを緊密に統合したインデザイン・ソリューションの提供に向けた協業を開始します。

続きを読む