アンシス、最新バージョンのANSYS 18を発表 エンジニアリングシミュレーションの活用拡大を加速

2017年2月1日 – アンシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大古 俊輔)は本日、シミュレーションの初心者から上級者まですべてのエンジニアが、製品の全ライフサイクルにわたってエンジニアリングシミュレーションを活用できる最新バージョンANSYS® 18を発表しました。この産業界をリードするANSYSのエンジニアリングシミュレーションは、完全で正確なデジタルプロトタイプを作成するため、すべての主要な物理場(流体・構造)、エレクトロニクスおよび組込みソフトウェア領域の最先端技術に基づいて開発されています。多くの特長を有するANSYS 18のリリースは、開発プロセスの上流段階ではシミュレーションの領域をデジタル探索「What-if(もしこうなったら)」にまで拡げるとともに、下流段階ではデジタルツインによりシミュレーションを製品オペレーションとメンテナンスにまで拡げました。

続きを読む

ANSYS トレーニングセンターをご利用ください

ANSYS トレーニングセンター では、お客様がより優れた製品をより短期間で開発できるよう、様々なプログラムをご用意。お客様の要件に合わせて柔軟なトレーニングを提供します。

training_center

【目的にあったトレーニングを簡単に見つけましょう】

ANSYS Course Locator を用いれば、日本で行われるトレーニングを、解析種別や製品、レベル別に簡単に検索することが出来ます。

※ 日本で開催されるトレーニングを検索するには、「By Language」から日本語を選択してください。

続きを読む

特別な技術を必要としないシミュレーションツール、ANSYS AIMの体験セミナー

特別な技術を必要とせず、日々の業務で活用できる新たなコンセプトのシミュレーションツール、ANSYS AIMの操作を体験していただくセミナーには、もうご参加されましたか?

ANSYS AIMは、日本語GUIの画面上で、モデルの作成から最適化、結果の表示までを単一の操作環境で行うため、素早く形状を修正して設計変更を確認したり、複数の設計点の解析と評価を簡単に行うことができます。エンジニアが最小限のトレーニングですぐにシミュレーションをフルに活用できる操作性の高いシミュレーション環境です。

ANSYS AIM 体験セミナーでは、熱流体解析に加え、構造と流体の連成解析(流体-構造連成解析)を実際に行うところまでを実際にソフトウェアを用いて体験していただきます。

より実環境に近いシミュレーションを行うには連成解析といったマルチフィジックスシミュレーションは不可欠です。この機会に是非、アンシスの統合型マルチフィジックスシミュレーション環境を操作できるセミナーにご参加ください。参加費は無料です。

aim_gui_jp ANSYS AIM 日本語GUI

続きを読む

【顧客事例】セイコー化⼯機株式会社様

開発からクレーム対応まで、耐蝕ポンプ・耐蝕送⾵機・環境装置を⾼い解析精度で⽀えるANSYS

=================================

創業時からプラスチックを材料にしたものづくりに取り組んできたセイコー化⼯機株式会社は、化学溶液を扱えるポンプが欲しいという顧客の声に応え、それまで⾦属製だったポンプをプラスチックで作ることで薬品に侵されない耐蝕ポンプや送⾵機を作り出した。さらに腐蝕性気体の搬送ができる耐蝕送⾵機、公害対策として求められた排ガス処理装置や脱臭装置などプラスチックに基づく環境装置の開発にも成功した、産業⽤耐蝕装置のパイオニアだ。

同社では早い時期から解析ツールを導⼊し、製品開発において⼤きな成果を上げている。また最近ではさらに解析ツールの活⽤を広げるべく、若⼿エンジニアに社内教育を⾏っている。セイコー化⼯機株式会社 技術部 技術開発研究所 主任の⾼梨 武⽒と、主任の藤原 匡裕⽒に、ANSYS の解析ツール導⼊で得られた具体的成果や解析エンジニア教育の取り組みについてお話を伺った。

mr.fujiwara

セイコー化⼯機株式会社 技術部 技術開発研究所
博⼠(⼯学) 主任
藤原 匡裕 ⽒

mr.takanashi

セイコー化⼯機株式会社 技術部 技術開発研究所
博⼠(⼯学) 主任
⾼梨 武 ⽒

続きを読む

CPU の進化とアクセラレータの活用

ANSYSが発行する雑誌Advantage の自動車特集号(Volume IX, Issue 2, 2015)では、Intelの最新CPUであるXeon E5 v3がANSYS Mechanical ソフトウェア上でどのようにパフォーマンス向上をもたらすかが書かれています。 CPUが単純に高速化した結果、解析速度が向上する面もありますが、最新のCPUでサポートされている拡張命令セットに対応するなどのソフトウェア側のチューニングの効果もあるのも事実。ANSYSでは、IntelなどのCPUベンダーなどとも協業させていただくことにより速度向上を実現しています。

intel_phi

続きを読む