ANSYS 医療セミナー 2017 東京- 脳神経疾患におけるCFD解析の最前線 –

【脳神経疾患における血流解析システムをテーマとした ANSYS 医療セミナー2017・東京を開催】

昨今、医療現場でもシミュレーション適⽤の事例は増えているものの、まだシミュレーションを「うまく活用できない」という声をよく聞きます。本セミナーでは、脳神経疾患における血流解析システムをテーマに、医療現場でシミュレーションの適用を支援するため、第一線で活躍されている有識者の先⽣⽅ から、最新動向と、脳神経外科の症例をもとにした活⽤事例を、わかりやすくご紹介いただきます。

また、臨床医師、⼯学研究者としてのそれぞれの⽴場から、医療現場でのCFD解析 の有⽤性や役割についてお話しいただきます。


プログラム

【特別講演1】 予測医療を目指すCFD -脳血管障害へのアプローチ-
大島 まり 先生
東京大学大学院情報学環 教授、生産技術研究所 教授 工学博士

– – – – – – – – –
【特別講演2】 脳動脈瘤に対するCFD 解析の臨床応用
庄島 正明 先生
東京大学 医学部附属病院脳神経外科特任講師

– – – – – – – – –
脳動脈瘤の形成・増大・破裂における血行力学的因子の役割:実験的・臨床的背景からCFD 解析まで
福田 俊一 先生
国立病院機構 京都医療センター脳神経外科 診療科長
下權谷 祐児 先生
東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教 工学博士

開催概要

■開催日時: 2017年 3月9日(木) 15:00~18:00 (受付 14:30~)

■会 場: アンシス・ジャパン株式会社 18F セミナールーム(東京都新宿区)

■参加費:無料

■対 象:
・ 脳神経の臨床医および、工学技術者CAEの使用を検討している医療従事者
・ 脳神経以外にも、循環器系など血流解析や医療分野でCAEを使用する意向のある医療従事者
・ 医療に従事しているANSYS製品ユーザー様、および使用予定の方
・ 臨床医、医療工学研究者がそれぞれの立場で、医療現場でCFD解析技術の導入を検討、研究方法や協力関係の構築を模索されている方

プログラム・スケジュール等の詳細、お申し込みはこちら
http://www.ansys.com/ja-JP/other/ja-jp/seminar/2017/Medical-CFD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です