AI/自動運転/ADASなど最新ソリューション満載のANSYS 自動車産業向け国際カンファレンス Automotive Simulation World Congress(ASWC)を開催

複雑化するものづくりにおいて、デジタルプロトタイプやデジタルツインといったシミュレーションの重要性が益々高まっています。自動車産業においても自動運転システムやADASの開発にはシミュレーションが欠かせません。

エンジニアリングシミュレーションソフトウェアの世界的リーディングカンパニーであるANSYSは、自動車産業向け国際カンファレンス Automotive Simulation World Congress(ASWC)を10月5日に開催します。AIや自動運転/ADASはもちろん、機能安全や複雑な連成解析、モデル縮退といった幅広い自動車のトピックをご用意しております。

午前はRed Bull Racing 様により基調講演が行われます。また、午後の分科会では日立オートモティブシステムズ株式会社様、エヌビディア合同会社様、住友理工株式会社様、武蔵精密工業株式会社様、株式会社本田技術研究所様、市光工業株式会社、慶應義塾大学大学院などより、ANSYSの活用事例や最新の技術トピックなどをご発表いただきます。

本カンファレンスがお客様の新たな発想の起点となり、今後の業務にお役立ていただけますと幸いです。参加費は無料です。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

ユーザー様活用事例や最新の技術トピックをお見逃しなく(順不同、敬称略)

・日立オートモティブシステムズ株式会社
車載ミリ波レーダの性能を引き出す設計・解析技術

・エヌビディア合同会社
AIとGPUコンピューティングで実現する高度な自動運転システム

・住友理工株式会社
流体−構造連成解析による液封マウントのシミュレーション

・武蔵精密工業株式会社
潤滑油流動における試験との整合性とモデル縮退化による計算時間高速化について(仮)

・株式会社本田技術研究所
車載ラジオアンテナに関するEMCシミュレーション(仮)

・市光工業株式会社
自動車用リアランプ 熱解析精度向上の取り組み

・慶應義塾大学大学院
ドライビングシミュレータを用いた自動運転システム用HMIのアーキテクチャ定義と検証

・Amazon Web Services
自動運転システム開発におけるクラウド利用について

自動車のみならずエレクトロニクスなど周辺技術トピックも多数ご覧いただけます

今年は、ANSYS ユーザー様事例発表を中心とする「ANSYS Convergence」ならびにエレクトロニクス産業向けカンファレンス「ANSYS Electronics Simulation Expo(AESE)」と合わせ、3つを同時開催するイベントANSYS DAY 2017 として開催いたします。AI/自動運転といったトピックのみならず、産業の垣根を超えた最新のシミュレーションソリューションをご覧いただけるようなプログラムの構成となっております。

《活用事例発表企業様(順不同 抜粋、敬称略)》

■ANSYS Convergence
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構/サントリー食品インターナショナル株式会社/東京大学大学院/横浜市立大学附属病院/川崎重工業株式会社/栗田工業株式会社/株式会社クラレ/パナソニック株式会社/TOTO株式会社/新菱工業株式会社/富士ゼロックス株式会社/千代田化工建設株式会社/オムロン株式会社/武蔵精密工業株式会社/株式会社日立産業制御ソリューションズ/CEIソフトウェア株式会社/Hewlett Packerd Enterprise

■ANSYS Electronics Simulation Expo (AESE)
住友電気工業株式会社/東芝メモリ株式会社、東芝メモリシステムズ株式会社/古野電気株式会社/神戸大学/パナソニック株式会社/株式会社モーデック/アルパイン株式会社/三菱電機株式会社/RITAエレクトロニクス株式会社/Cambridge Consultants/AWR Japan株式会社(ナショナルインスツルメンツ)

────────────────────────────────
開催概要
────────────────────────────────

【日時】2017年10月5日(木)10:00~17:40 (受付開始 9:15~)

【会場】グランドニッコー東京 台場

【対象】
・CAEまたはANSYS製品の導入をご検討中、またはご興味をお持ちのお客様
・既にANSYS製品を使用しているユーザー様

【参加費】
無料(事前登録制)

▼イベントの詳細・お申し込みはこちら
http://www.ansys.com/ja-JP/other/ja-jp/ANSYS-DAY-2017/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です