自動運転車とADASに向かうドライブ – 今こそが未来なり

あらゆる自動車関連の記事の多くが、自動運転車と先進運転支援システム(ADAS)の恩恵、課題そして未来が持つ可能性について論じています。そして多くの自動車メーカーは、自動運転車の開発に益々シフトしていますが、最終的にそれらを完全に自律的なものにするために車両に統合されるシステムの多くは、現在開発されているところです。実際、皆さんが今運転している車では、衝突軽減ブレーキ、車線逸脱警告、盲点警告、そして車線維持支援などの自立的な車両を構成する機能の一部が実装されていると思います。これらのADASアプリケーションは、私たちに新たな課題を示すと共に、多くの専門分野を横断する学際的な開発アプローチを要求します。(これらの開発領域に関する更に多くの情報を、私の同僚であるサンディープ・ソバーニのブログ投稿記事で読むことができます)

では、私たちはどのようにして”ADASが可能な車両”から、”完全なる自動運転車”へ向かうのでしょうか?2016年にパリモーターショーで、トヨタ自動車株式会社の社長 豊田章夫氏は「自動走行車両を開発するためにはシミュレーションを含むテストに延べ88億マイル(14,162,192km)の走行を費やすが必要である」と予測しています。対照的に、Googleは自社が保有する自動運転車で、過去6年間で累積260万マイル(4,184,284km)のテストを終えました。この分では、私たちが自動運転タクシーを呼び止め、目的地へ行く間にカフェラテを啜るまでに26,400年ほど待つ必要がありそうですね。

もし私たちが完全なる自動運転車へと向かう場合、「シミュレーション」が重要な鍵となります。自動車メーカーとサブライヤが自動運転車の未来を左右する、更に多くのADASアプリケーションを開発する場合、次の6つの開発領域を考慮する必要があります:運転シナリオシステムのシミュレーション、ソフトウェアとアルゴリズム開発、機能安全の分析、センサのシミュレーション、エレクトロニクスとハードウェアのシミュレーション、そして半導体のシミュレーション。競争的であり続けるために、自動車メーカーとサブライヤは、来年の市場に送り込む自動車に付加的なADASアプリケーションを提供し、それらを革新し続ける必要があります。

では、どのように彼らはこれらの新しいADASアプリケーション用の開発プロセスを加速することができるのでしょうか?ANSYSは、自動車メーカーとサブライヤが、開発プロセスを加速するために必要なソリューションを持ち合わせています。それは、シミュレーションの他に今日ADASアプリケーションを動かしているソフトウェア開発の(たくさんの他の面白い情報だけでなく)6つの領域に関する詳細な情報を提供しています。

もしANSYSがどのようにADAS開発の原動力となっているかについて詳しく知りたい場合は、ホワイトペーパー「Fast-Tracking Advanced Driver Assistance Systems (ADAS) and Autonomous Vehicles Development with Simulation」をご覧頂くか、弊社のエキスパートが説明するオンデマンドのオンラインセミナー「ADAS開発の課題と機会 – 今こそが未来なり!」をご覧下さい。

注:上記のホワイトペーパーは日本語版がございます。日本語版を必要な方は、必要情報のご登録時に「日本語版も希望」と備考欄にご記入下さい。

※本記事は、カーラ・グレミリオンが2017年7月26日に投稿した記事を日本語に翻訳したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です