技術セミナー 「ANSYS Technology Day 2016」開催決定

最新バージョンのANSYS 17を、お客様の日々の解析業務にお役立ていただけるよう、実践的なノウハウと、最新の技術情報やトレンド、ソリューションをご紹介する技術セミナー 「ANSYS Technology Day 2016」を東京と大阪にて開催いたします。

本年は、米国本社より各製品分野の開発担当者が来日し、最新の技術情報をご紹介すると共に、流体解析、構造解析、エレクトロニクス製品を様々な場面で活用していただけるよう、具体的な解析事例を交えながら解析テクニックをご提案します。

また、昨年の同セミナーで、複数製品のセミナーに参加したいというご要望を多数いただき、 本年は各製品分野ごとの開催に変更いたしました。是非、複数セッションへの参加をご検討ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

atd_2016_3.fw

【名 称】 ANSYS Technology Day 2016

【日 時】

■東京会場(ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター)
6月15日(水)流体解析DAY(定員200名)
6月16日(木)エレクトロニクスDAY(定員200名)
6月17日(金)構造解析DAY(定員150名)

■大阪会場(ハートンホテル北梅田)
6月20日(月)構造解析DAY(定員80名)
6月21日(火)流体解析DAY(定員100名)
6月22日(水)エレクトロニクスDAY(定員100名)

開催時間:10:00~17:00(受付 9:30~)

【対 象】
・現在ANSYS製品をご使用のユーザー様でより詳細な技術情報により活用できるようになりたい方
・過去にANSYS製品をお使いになっていたお客様
・ANSYS製品をお使いで連成解析等にご興味のあるユーザー様
・他社製品を含むCAE使用経験のあるお客様
(ANSYS製品に関する技術的な内容をご理解いただける方が対象となって
おります)

【参加費】 無料 ※誠に恐縮ですが、定員になり次第締め切らせて頂きます。

=======================================
ANSYS Technology Day 2016 ハイライト
=======================================

●ANSYS本社よりスペシャルスピーカーを招聘
米国より各製品分野の製品開発関係者を招き、最新の技術情報やトレンド、ソリューションをご紹介します。

●流体解析DAY ハイライト
「生産技術」をキーワードに、ANSYS Fluent や ANSYS Polyflowを使った解析ソリューションをご紹介します。 Overse Mesh などユーザー様の関心が高い活用法を午前中のゼネラルセッションで、また、午後は全12セッションもの、さまざまな事例を用いたソリューションをご紹介します。

●構造解析DAY ハイライト
「動解析」をテーマにANSYS構造解析製品を使った 解析ソリューションをご紹介します。 ANSYS本社より構造解析製品の Chief Technologist, Mechanical Products、David L. Conoverを招聘し、回転機械振動に関する最新事情についてご紹介します。また、振動分析の権威である、城戸一郎様を特別講師としてお招きした技術セッションも予定しています。 東京会場では、関東地区のお客様より多くご要望いただいた内容について、東京特別セッションとして開催します。

●エレクトロニクスDAY ハイライト
電磁界、回路・システム解析ツールの効率的な解析方法、実設計に生かすためのさまざまなノウハウ、新機能を使いこなすTipsをご紹介します。

【保守ユーザー様にハンドブック進呈】
当日会場にて、保守契約をご契約のユーザー様を対象に、ハンドブックを進呈します。ANSYS Electronics Desktop、ANSYS HFSSに加え、本年はANSYS Maxwellのハンドブックもご用意しました。

※プログラム内容は予告無しに変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

=======================================
詳細・お申し込みはこちら
=======================================
http://www.ansys.com/ja-JP/Other/ja-jp/atd_2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です