ANSYSとKRONO-SAFE、クリティカルな航空宇宙アプリケーション用に統合ソフトウェアプラットフォームを提供

この新しいプラットフォームにより、航空宇宙産業はマルチコアシステム上で稼働するセーフティクリティカルな航空宇宙アプリケーションの開発が可能に

ピッツバーク、2017年6月21日 – KRONO-SAFE社およびANSYS(NASDAQ:ANSS)が提供する新しい統合ソリューションにより、航空宇宙関連のお客様は、最新世代の航空宇宙用コンピュータ向けのセーフティクリティカルなソフトウェア開発が可能になりました。この市場に初めて投入されたソリューションにより、高い信頼性が要求される航空宇宙および防衛産業用アプリケーションのクリティカル性、安全性および信頼性が確保されます。

機体の整備工数とコストを最適化しながら安全な航空機を製造するためには、従来のセーフティクリティカルな指揮統制アプリケーションを扱うことができ、さらには最新のメンテナンスおよびモニタリング機能を備えた新しい航空宇宙用コンピュータを構築する必要があります。KRONO-SAFE社の統合リアルタイムOSプラットフォームであるASTERIOS®とANSYSの組込みソフトウェア開発支援MBD環境であるANSYS® SCADE Suite®を用いることで、航空宇宙産業のお客様は、マルチレート制御されたセーフティクリティカルなアビオニクスアプリケーションに適したリアルタイムインテグレーションをシングルあるいはマルチコアプラットフォーム上で行うことが可能となります。この自動化されたアビオニクス設計フローは、安全で自動化されたアプリケーションソフトウェア開発用のSCADE Suiteと安全で自動化されたリアルタイムインテグレーション用のASTERIOSを連携させたもので、マルチコアプラットフォーム用に拡張されています。

この連携ソリューションは、Smart, Safe and Secure Platform(S3P)研究開発プロジェクトで開発されたものです。S3Pプロジェクトは、IoT機器、ゲートウェイおよびアプリケ―ションを迅速にかつ低コストで開発/展開/活用するために、安全で信頼性が高く高機能なソフトウェアの開発・実行プラットフォームの開発を目的としています。

Safran Electronics and Defense社は、安全性と信頼性のレベルを確保しながらクリティカルなアビオニクスコンピュータのソフトウェア開発プロセスを大きく加速するために、この革新的なソリューションを選択しました。Safran社は、航空宇宙用エンジンとブレーキコントロールの指揮統制コンピュータに、この新しく研究開発された技術の機能を取り入れました。

「高信頼性の確保は、アビオニクス領域におけるリアルタイムシステム開発の要です。今日のマルチレートアプリケーションのリアルタイムインテグレーション段階における高度な安全性の確保は、時間と工数を要する作業であり、何か月もの期間と何十人もの労力がかかります。KRONO-SAFE社とANSYSがこれまで開発し、Safran社のエンジニアがS3Pプログラムで使用しているこのシステムは、高いレベルの安全性を構造的に確保しながらスケジューリングやパーティショニング等の新しい作業を自動化し、この労力を大きく軽減することができます。今日のセーフティクリティカルなアビオニクスアプリケーションにとっては、マルチコアプラットフォーム上での使用と将来的に機能安全認証を取得することは困難な課題となっていますが、この自動化されたフローは、その達成への道を切り開きます。」(Safran Electronics and Defense社、研究技術プログラムマネージャー、Jean-Christophe Jammes氏)

「これまでの作業で、複雑なセーフティクリティカルなアプリケーションに対するロバストなアプローチが確立されています。当社がANSYSとともにめざす目標は、お客様にシームレスな開発フローをしっかりと提案することです。Safran社の協力のもとで、このソリューションのDO-178C認証取得が進められています。」(KRONO-SAFE社CEO、Didier Roux氏)

SCADE Suiteは、制御、アルゴリズムおよびグラフィカルインターフェース等のクリティカルな組込みアプリケーションの開発および認証取得を自動化してコストを削減し、さらにDO-178C航空安全規格下でのコード生成と認証を自動化するユニークな機能を備えています。ANSYSとKRONO-SAFE社の協業により、KRONO-SAFE社のクリティカルなリアルタイム実行プラットフォーム上で生成されたコードの最適な統合が行われます。SCADE Suiteモデルは、ハイレベルのリアルタイムスペックで変更なしにASTERIOSに統合され、システムのパーティショニング、データ同期および確定的挙動を構造的に保証しながら、最適なマルチレートスケジューリングを自動的に行います。

「当社のお客様は、SCADE Suiteを用いて日常的にセーフティクリティカルなアプリケーションを開発し、認証された自動コード生成機能を十分に活用しています。ASTERIOSによる自動リアルタイムインテグレーションにより、SCADE Suiteの機能がおのずと拡張され、この自動プロセスを実行プラットフォームへとさらに一歩進めることができます。」(ANSYS航空宇宙・防衛部門 グローバルインダストリディレクター、Paolo Colombo)

(記事参照元)
http://www.ansys.com/ja-JP/About-ANSYS/news-center/06-21-17-ansys-krono-safe-deliver-integrated-software-platform

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です